スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4円パチンコ】パチンコは不完全確率である。そしてその実態は・・・・・。

★ 今回は(2015/03/30)です。






 ブログをご覧の 全国の皆さま!






(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわぉ~~~~~~~^‐^*。♡






 パチ勇士で~す。






★ 今回は上記のタイトル

「【4円パチンコ】パチンコは不完全確率である。そしてその実態は・・・・・。」でお話します。



前回(2015/02/26)の最後で、『予告編』は以下のとおりでした。







次回の予告を兼ねて、今年(2015年)に入ってから増加しているハマリ台について少しお話します。1円パチンコ甘デジ(約1/100)の島では、600~900回転も嵌る台を見かけると思います。4円パチンコ甘デジ(約1/100)の島でも同様に見かけますね。




4円パチンコMAX(約1/400)の島では、2000~3000回転のハマリ台をちらほら見かけます。アレってなんだと思いますか? 打っている人が不運のどん底にいて当たらないのでしょうか。全く違います。 知られざるハマリ台の恐るべき正体とは?

            《 To be continued 》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






『予告編』は、衝撃的なクライマックスでした。ハマリ台のことが気になって眠れなかったという方が、もしかしたら、いたかもしれません。






因みに、ご存知の方はすぐにわかると思いますが、上の写真は『ドラゴンボールZ』の1シーンです。「ヤムチャ VS サイバイマン」の激闘で、敵の実力を自分より下と甘く見たヤムチャが油断した隙に、サイバイマンが両腕でヤムチャの体を押さえ込み、サイバイの自爆によってヤムチャも命を落としてしまうというシーンです。






パチンコで言えば、パチンカーAさんが、4円MAXで1000回転ハマった台をさらに追い続け、そのハマリ台に仕掛けられた罠にも気付かず、完全確率を信じて、当たるまで回すつもりで打ったが、結局当たらず、その日はあえなく死亡、と言ったところでしょうか。






大ハマリ台を打ち続ければ、それこそ取り返しのつかないことになるということです。パチンコを甘く見たAさんは、当日の有り金すべてを失ってしまったワケです。大ハマリ台はただ嵌っているわけではないのです。






★★ さて、ハマリ台についてのお話を進めます。甘デジの600~900回転、MAXの2000~3000回転などは、ハマリの回転数から判断して、甘デジなら約1/100、マックスなら約1/400の確率で抽選なんかやっていないのは当たり前です。






それではまず、甘デジから考えてみましょう。甘デジ(約1/100)で600、700回転や、それ以上嵌る台があるなんて、本当にひどい話ですね。






甘デジならば、約1/100という定められた大当たり確率(抽選確率)というものがあるのですが。600ハマったり、800ハマったりするのは、おかしいですね。なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?






これからお話をするにあたって、私は『パチンコは完全確率である』という一般論を否定します。パチンコブログを沢山読むと分かりますが、『パチンコは完全確率である』というフレーズをあちこちで見かけます。このフレーズをわかりやすく言い換えると、『ホールに設置されたパチンコ台は完全確率である』という意味ですね。






よく見ると、『パチンコは完全確率である』というのは誤りで、『パチンコは完全確率である』=『ホールに設置される前のパチンコ台は完全確率である』というのが正しいと思うのですが。自称パチプロの人たちの多くは、『パチンコは完全確率である』というフレーズを好んで使います。そして、ボーダー理論で勝てる、期待値を積め! などと言います。






私は思うのです。前田敦子さん演じるジャイ子が言うTヨタのCM「もしものび太さんと結婚したら、・・・・」の真似をして、

『もしもパチンコが完全確率だったら、・・・・』、彼らの言うことは正しいと思います。ボーダーや期待値で理論上はプラスになっても、実践上はプラスになるとは限りませんが。実際問題として、ボーダー理論や期待値理論で打ち続けても、長期的に見て、大きなマイナスになる人は沢山いると思います。『パチンコが完全確率ではない』というのが一因としてあると思います。






そして、私は『パチンコは完全確率ではない。』と主張します。完全確率とは、過去の抽選に影響されず、毎回、完全に独立した抽選を行うことを言います。甘デジならば約1/100、ミドルならば約1/350、MAXならば約1/400、などで毎回、抽選されます。そして大事なことですが、抽選結果の当たりやハズレに一つの嘘も認められません。もしひとつでもウソがあれば、一体いくつウソがあるかわからないということになります。






★★★ なぜ私が『パチンコが完全確率ではない。』と主張するのか、実例を挙げて話を進めます。甘デジ(約1/100)がよくハマり、説明しやすいので、ここでは甘デジを取り上げます。私は今でこそ4円のミドル、MAXを中心に打っていますが、1年くらい前までは1円の甘デジを中心に打っていました。






甘デジの場合ならば、確率分母の100回転を目安に回すことになります。打っていて、100回転前後までに初当たりを引けることはありました。ところが、急にハマリ出して、300、400回転、若しくはそれ以上ハマってしまうことが多くありました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




私は台を打っている間は、1回転たりとも逃さず、画面をしっかりと観察しているので、ハマリ出して当たらなくなると、おかしいとすぐに分かります。台のおかしな動きを決して見逃したりなどしません。皆さんがこのような場面に遭遇した時、台が仕掛けてくるイカサマを見抜くことができるでしょうか? そしてハマリ始めたら完全確率など何の意味も成しません。1円甘デジ以外で、4円甘デジを普段打たれている方は、ハマリ出したら何かおかしいと感じるはずです。






なぜ、たかが1/100抽選の甘デジで、300、400回転のハマリが頻繁に起こるのでしょうか? 本当に約1/100の確率できちんと抽選されているならば、簡単には起こり得ないはずです。島でハマリが流行する時間帯になると、まるで何かに仕組まれたかのように、並びの3台が一緒に仲良く400回転くらい嵌ったりします。そして私は「またか!汚いな~」と思うのです。






★★★★ 先程もお話したとおり、私は『パチンコ完全確率』を否定しているわけです。これから私がお話しすることを皆さんが理解するために、『パチンコは完全確率である』というのは誤りで、『パチンコはコンピュータで制御されている』という真実を知らなければなりません。






ホールの全台はコンピュータで完全制御されています。私はそれこそ自信満々で、『パチンコはコンピュータ制御である』と豪語します。知っている人にとっては、こんなことは常識中の常識で、今さら当たり前のことを言うな! ということなのですが。






私のブログには、北は北海道から、南は九州、沖縄までの方が訪問されますが、この真実は全国共通だと思ってください。パチンコを打っていて、皆さんの周囲では、不思議な現象がよく起こると思います。例えば、MAX機(約1/400)に座り、打ち始めて、わずか1回転や数回転で当たってしまった、など。ホールのパチンコ台がコンピュータによって制御されているからこそ、このようなことが起こるのです。そしてパチンコの真の姿を知り、今後勝ち続けるために戦っていきましょうということです。






☆ ここからは私の自説として、お話します。あくまでも参考までにお読みください。


パチンコが完全確率ではなく、コンピュータ制御であるからこそ、確率上、起こりにくいハマりが頻繁に発生すると考えています。台がハマリ出して当たらなくなることを、コンピュータ的に、台が『回収状態』にあると言います。台が『回収状態』にある時はいくら回しても当たりません。台の内部では1/99.902 や 1/394.8 などで抽選はきちんとされています。でも当たらないのです。不思議に思う方が多数いると思うので、その答えをお話しましょう。






なぜなら台が回収作業という与えられた仕事に専念しているからです。抽選よりもそちらの作業のほうが優先されます。
なぜ回収作業がされているのかと言うと、店の存続のために人件費、電気代、新台の購入費などの必要経費や目標利益を確保するためです。コンピュータにより自動で行われています。






なぜこのようなことが起こるかと言うと、どこかの台が出ると、他の台がそれ以上に嵌らなければなりません。そうでなければ店がやっていけないんです。パチンコとは、10万勝つ人が1人いたら、5万負ける人が3人いないと成り立たない世界です。勝った人たちの金額は、負けた人たちの金額の一部から成り立っています。






パチンコにおいては、数少ない勝てる台に座らなければ、負けなのです。






そして4円パチンコで、甘デジ(約1/100)のハマリの大型バージョンとして、ミドルタイプ(約1/300)で1500回転以上、マックスタイプ(約1/400)で2000回転以上、などの大ハマリは、このようにして引き起こされます。台の『回収状態』が長引くと全く当たらず、延々と嵌り続けることになります。






では大ハマリ台がいつ当たるのか?ということですが、それは回収の目標額に達した時に大当たりのタイミングが訪れます。台の周囲の状況が変わらない限り、それまではいくら回しても当たりません。要するに、大ハマリ台の存在は、店の収支状況と大いに関係があります。


ここまでが自説ということにしておきます。しかし、もしかしたら・・・・・・・・。






★★★★★ ハマりの深い台を打つことがいかに危険であるかがお分かりいただけたと思います。台をいくら回しても当たらない時は、『回収状態』にあると考え、気をつけて行動することです。






パチンコを打つ際、仕掛けられた罠に嵌らないようにハマリ台を回避する能力が必要なのです!






それでは、もし皆さんが大ハマり台の魔の手にかかったら、どう対処すればよいのでしょうか。その対処法ですが、台が回収作業をできないように回転を止めてしまえばいいです。そうすれば、台が何もできなくなります。いっそのこと、30、40分の食事休憩を取りましょう。






その後、起こりうることとして、回収作業の標的が他の台に移動し、今度はその台がハマリ始めます。






つまり、大ハマリ台の正体とは、ホールの全台を制御するコンピュータの命令に従う必殺仕事人(?)だったのです。大ハマり台=ただの現金回収機、でした。全く当たらないので、まあ当たり前なんですが。






最後になりますが、私にとってパチンコと戦うとは、台の背後に隠れた悪賢いコンピュータと対決することなのです。当然ながら私はコンピュータと戦うための『兵器』を持っています。今後このブログで、その『兵器』が登場することがあるかもしれませんので、『パチ神拳』と名づけます。あの北斗神拳の思っきりパクリです。まさか『北斗神拳』と名乗るわけにはいきませんから。『パチ神拳』とは、格闘技で言えば、ヒクソン・グレイシーが操るグレイシー柔術みたいなものです。



私がコンピュータと戦うための兵器が『パチ神拳』であり、決してその実体が明らかにされることはありません。私にとって完全機密事項ですから。そして『パチ神拳』の秘密のほんの一部でも知ることができるものが本ブログの【4円パチンコ】の記事ということになります。










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

は、ございません。








★ 最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。






それでは、全国の皆さま!





  
また会う日まで、さようなら!






人気ブログランキングへ











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





『超:パチンコ業界から圧力をかけられるかもしれない正当な攻略法』ネット上に存在するNo.1パチンコ攻略ノウハウ





『マルハン攻略法』解析シートの作り方とピンポイント攻略。一から順を追ってわかるまで説明します。無料メールサポート付き!





天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】


スポンサーサイト
最強攻略法
PR
ランキング参加中
最新記事
PR
カテゴリ
PR
月別アーカイブ
PR
自己紹介

パチ勇士

Author:パチ勇士
 私はパチンコ歴12年のパチ勇士(ゆうじ)と申します。海物語シリーズは初代から打ち込んでいます。私のブログを通して海物語の楽しさを味わってみて下さい。

相互リンク
PR
黒ねこ時計 くろック D03
ランキング参加中
ランキング
ランキング参加中
ランキング
ランキング参加中
ランキング参加中
ブログランキング
★ 免責事項
当ブログの情報は、無料で提供されています。当ブログを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、ユーザーご自身の責任と判断において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログをご利用の際、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等については、一切責任を負いません。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。