スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンピュータ VS 完全確率一発抽選

★ 今回は(09/26)です。





ブログをご覧の 全国の皆さま!





(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわぁ~*。♡





パチ勇士で~す。






今回は上記のタイトル「コンピュータ VS 完全確率一発抽選」でお話します。




前回(08/29)の記事で、メインコンピュータがホール内の全てのパチンコ台を支配し、4円パチンコでの当たりやハマりをコントロールいるのではないかというお話しをしました。勿論1円パチンコも例外ではありません。そして、私はホールでパチンコを打つ際に、そのことを前提に行動しています。





さて本題にはいります。




★ まず、パチンコの大当たり発生の仕組みについて考えてみましょう。



『パチンコの大当たりは、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に抽選が行われ、当たりかハズレかが決定される。』というのをネット上でよく見かけると思います。



 サイコロを例に挙げて、『1~100の目を持つ100面体のサイコロを振るとします。1回目に振った時、1の目が出る確率は1/100です。2回目も1/100です。何度振っても1の目の出る確率は1/100です。・・・・・・・<略>・・・・・・・』などと当たり前のように書かれています。(スペースの無駄のため、一部を省略しました)



彼らの言っていることは正しいと思います。ただし、販売店から購入して自宅に設置したパチンコ台で打ったならばの話です。実際のホールでの大当たりの仕組みとして正しくはありません。



自宅のパチンコ台とホールのパチンコ台とでは、大当たりの仕組みが異なります。実際のホールでは、コンピュータ(ホルコン)によって本来の抽選結果に当たりやハズレの上書きがされていると考えます。よって打ち込んでいて、おかしいと思うことが多々あります。予期せぬ当たりや不自然なハマリが起こります。場合によっては確率上、起こりえない大連チャンや大ハマリが発生します。



実際のホールで勝ちを重ねて、トータル収支を増やしていくためには、完全確率一発抽選を信じてよく回る台をひたすら打つというスタイルは有効ではありません。
各台の当たりの発生にコンピュータがどのように関わっているかをきちんと考えながら打つ必要があります。





人気ブログランキングへ




★ それではまず、超基本的な考え方である「出る台と出ない台の関係」について、次のような場面で考えてみます。



仮に人気店の1パチ甘デジの島に40台のパチンコ台があるとします。ほとんどの台が稼働していて、同じ機種で抽選確率が同じはずなのに、なぜか出る台と出ない台があります。出る台はトコトン出て、出ない台は嵌ってばかりです。



ここで、よく考えてみましょう。



出る台はたくさん当たり、大量の出玉を吐き出します。ですが、その金銭的価値のある出玉は一体どこから発生するのでしょうか? 自然に湧いてくるわけがありません。お店はお客に出玉を支給するサービス機関ではありませんから。



なぜ出る台がよく当たるのかをしっかりと考えてみましょう。



出る台の周囲をよく見回してください。どこかに低調な台やハマり台がないですか? 低調な台は嵌って単発ばかりを繰り返し、持玉がなくなる度に現金投入されています。ハマリ台は、1円甘デジにもかかわらず、千円札を数枚投入しても当たりすら来ません。何かおかしいとは思いませんか?



よく考えてみてください。低調な台やハマり台に投入された現金が、店の売上となり、店の取り分を除いた残りが出る台の出玉として還元されているとは考えられないでしょうか。そう考えれば、なぜ出る台と出ない台があるのかがわかると思います。



つまり、出る台には出ない台の存在が不可欠であり、出ない台がなければ出る台は存在できないということになります。そして当日に出る台と出ない台はコンピュータによって大体決定されていると考えます。だから、出る台に積極的に座れば勝てます。そしてコンピュータお墨付きの出ない台に座れば負けます。出ない台は延々と現金を呑み込んでいきます。よって、出ない台で長時間打ち続けることがいかに馬鹿げているかが理解できると思います。



ここまで、簡単な例でお話しましたが、シマ内の台を眺めて、なぜ出る台と出ない台があるのかがわかったと思います。出る台と出ない台の関係がわかれば、空台を見つけた時に、その台に座ってよいかどうかもわかるようになります。実際には「出る台と出ない台の関係」はもっと複雑でわかりにくいものですが。そして最終的には、シマ内を循環する各台の当たりの動きや出玉の流れをきちんと見抜けるようにならなければなりません。



つまり、シマ内の各台の大当たりは完全確率一発抽選で決まるのではなく、複数の台が連動して大当たりが決定されます。このように考えなければパチンコは攻略できません。





人気ブログランキングへ





★★ あと、もう一つだけ述べておきます。稼働率の高い人気店で1パチ甘デジを夕方から打つ場合、データカウンターに表示された大当たり確率を徹底重視すべきことを(05/03)の記事でお話ししました。一言で言えば、「大当たり確率が1/45以上の台を探し出して打て!」ということです。



1/45という高い数値を叩き出す台は、1パチ甘デジの中でも10台に1台あるかないかの優秀台です。まさにコンピュータお墨付きの出る台です。こういう台に座れば、収支がプラスで帰れるケースが多くなります。このような優秀台の多くは夕方から打ってもまだまだ当たります。しかし、パチンコに絶対はありません。本当の敵は目の前の台ではなく、台の背後に潜んで当たりやハマりをコントロールしている悪賢いコンピュータです。いきなり500回転以上の回収ハマリをくらわされるという悲劇も起こりえます。




また、稼働率の重要性について触れておきます。例えば、大当たり確率1/45の優秀台に大当たり40回の時に座り、大当たり回数を順調に伸ばしたとします。しかし、時として当たり回数が伸びなくなったり、200、300回転のハマりに襲われることがあります。これはシマ内やホール全体の稼働率に原因があります。パチンコというのは、ホール内の台に現金が投入されなければ、出玉として還元されないシステムになっています。よって入るものが入らなければ、出るものも出ないのです。空台が多くなれば、出る台にも悪影響があります。その点に注意して優秀台を打つようにしてください。






そろそろお別れです。




★ 最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。





 以上、パチ勇士でした。




それでは、全国の皆さま!



 
 よい週末をお過ごしください!



  
  また会う日まで、さようなら!






人気ブログランキングへ












ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






『超:パチンコ業界から圧力をかけられるかもしれない正当な攻略法』ネット上に存在するNo.1パチンコ攻略ノウハウ




必殺!パチンコ攻略術




『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書


スポンサーサイト
最強攻略法
PR
ランキング参加中
最新記事
PR
カテゴリ
PR
月別アーカイブ
PR
自己紹介

パチ勇士

Author:パチ勇士
 私はパチンコ歴12年のパチ勇士(ゆうじ)と申します。海物語シリーズは初代から打ち込んでいます。私のブログを通して海物語の楽しさを味わってみて下さい。

相互リンク
PR
黒ねこ時計 くろック D03
ランキング参加中
ランキング
ランキング参加中
ランキング
ランキング参加中
ランキング参加中
ブログランキング
★ 免責事項
当ブログの情報は、無料で提供されています。当ブログを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、ユーザーご自身の責任と判断において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログをご利用の際、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等については、一切責任を負いません。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。