スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃の告白!海物語1円パチンコ甘デジの最高負け額は?

★ 今回は(04/26)です。


いつも私のブログを見に来て下さる皆さま、こんにちは。


毎度ながら、パチ勇士でございます。

 
この頃、昼間は暖かく、夜は寒いという印象を受けます。最近、私は風邪気味でパチンコに行けなくなっています。実は私は禁煙家であり、風邪で咳込んでいる時にタバコの煙を吸わされると、ますます体調が悪くなるのではないかと思い、遠慮させてもらっています。パチンコ店の中は禁煙場所ではないので、喫煙家の方はご自由にタバコをお吸い下さいませ。その時には、私はマスクの下から小刻みに息を吐いて頑張ります。

彼是もう2週間ぐらいパチンコに行っていないのですが、パチンコを打たなくて平気でいられる自分が、ある意味、怖いです(?)。近いうちにパチンコに行って、大好きな黄色の海物語を打って、楽しみながらフトコロを少し暖めようと思っています。



さて、今回は上記のタイトル「衝撃の告白!海物語1円パチンコ甘デジの最高負け額は?」でお話したいと思います。

数年前に1円パチンコが始まりましたが、それ以来、私は様々な1円パチンコ甘デジの台を打ってきました。海物語シリーズで白色、黄色、赤色、紫色、金色、オレンジ色などなど。

ここで、ズバリ打ち明けてしまいましょう。なんと私の最高負け額は-19,200円です。この額を見て、驚かれた方も多いかもしれません。これは1パチ甘デジのみを打ちまくって負けた金額です。1円パチンコの甘デジと言えど、決して甘くはありません。打っていて、なかなか当たりが来ないような台に数台引っ掛かれば、最悪の場合、このくらい負けることもあります。時間にすると10時間は打っていますが。


前回(04/19)では、私が1円甘デジの黄色い海物語を打って、877回転の9倍ハマリをくらって、それこそボッコンボッコンにやられたというお話をしました。前回に引き続いて、今回も1円甘デジの最高負け額などという大負けストーリーをお話すると、私がパチンコ店に行くたびにいつも負けている、パチンコ屋さんの栄養分みたいなものだと思われるかもしれませんので、弁明のために一応、最高勝ち額のほうも明かしておきます。 こちらのほうは+32,600円です。 私はパチンコ屋さんの栄養分ではなく、実はパチンコ屋さんの寄生虫なのかもしれません。最高勝ち額については、今後最高記録が更新される可能性がゼロとはいえないので、現段階では暫定的なものです。最高勝ち額のほうの話は、後日別の機会にお話しすることにします。



にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村



今回は当然タイトルに従って、最高負け額に関するお話をします。なぜ最高勝ち額よりも最高負け額のほうを先にお話するのでしょうか。最高負け額の記録が今後更新されることがないのは当たり前ですが、大勝ちする時よりも大負けする時のほうが教訓として得るものが断然多いです。


大勝ちする時のパターンは至って単純です。人気店なら、同じ島に同じ機種の台が並んでいる場合、10~10数台に1台くらいは、他の台と異なり、滅茶苦茶な出方をする爆裂台なるものがあります。(日によってはない場合もありますが。)     

爆裂台とは、その日に出玉の嵐を巻き起こす使命を与えられて誕生しやがて入滅する台と言ってよいでしょうか。 私が大勝ちする時は、その爆裂台にたまたま運良く座れただけではないかと思っています。そして爆裂台に座れた時、その能力を最大限生かすために最も適切な打ち方を実行します。あとは打ち続けてさえいれば、勝手に当たって勝手に連チャンしてくれます。そして大勝ちしてハッピーな気分になれます。



私にとって、大勝ちする時よりもむしろ大負けする時の方が貴重な体験です。大負けした時は2度と同じ過ちを繰り返さぬように大いに反省します。私が1万円以上の大負けをした時のパターンは大きく分けて2つあります。

  
1つ目は、前回(04/19)のように、抽選確率1/99.5の甘デジを打って、9倍ハマリをくらってしまうケースがあります。特定の1台でやられてしまうパターンです。抽選確率が高いから甘デジを打っているのに、当たりが全く来ないのは一番困ります。はっきり言って対処のしようがありません。悪質な台が仕掛けた罠に引っ掛かってしまったと考えられるケースです。このケースの場合、運悪く災難に巻き込まれたと諦めるしかありません。当たりが来ない台はいつ当たるかわからないので、5倍ハマリ程度で見切りを付ける必要がありました。

  
2つ目は、複数の台を打ちまくって初当たりがなかなか取れず、または初当たりが取れても連チャンしないで撃沈するパターンです。 このパターンの場合の私の敗因ははっきりしています。 例えば、打つ台に座ってから200、300回転を回しても初当たりが取れず、他の空台を見つけて移動します。そしてその台でも初当たりが取れず、また他の空台を見つけて移動し、打ち始める。 この打ち方には問題があります。そもそも稼動率100%のシマで空台を見つけたら、ろくでもない台と思っていいです。言い方は悪いですが、打ち手から搾取するクズ台の可能性大です。その証拠に、台のデータの大当たり確率を見て下さい。1/70だの、1/80だの、ろくな数値を示していません。私は複数のクズ台を渡り歩いて負け額が膨れ上がっていきました。要注意です。



1円パチンコの甘デジを打って、1万円以上の大負けなんて絶対にあってはならないと思います。


パチンコを打つ時は、投資の限度額をきちんと決めておいてください。1円甘デジの性質上、3000円~6000円の範囲内で、自分の予算と相談して決めておきたいものです。私の場合は、投資は6000円まで、それ以上は一切使わないと決めています。そうは言っても実際にはうまくいかないことが多いです。 周りの台が出ていると、意志の弱い私はズルズルと打ち続けてしまいます。強い意志があれば、負け額は自分で決めることができます。私は確固たる意志を持って臨まなければならないと思っています。



今回は、私の失敗例を挙げて少しお話をさせていただきました。皆さんには私と同じような失敗を繰り返して欲しくないので、参考までに書きました。



そろそろお別れの時がやってきましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。



もし宜しかったらすぐ下の人気ブログランキングのペア毛鞠のマークをプッシュしていただけると嬉しいです。ペア毛鞠のマークはとても大きくてプッシュしやすいかと思います。
皆さまの応援プッシュがあれば、私の順位が上がり、ブログの更新を頑張れます。



人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








   以上、パチ勇士でした。それでは、皆さん!

    良いゴールデンウィークをお過ごしください。

      さようなら。


(;_;)/~~~



睡眠薬に頼らずぐっすり眠る方法

睡眠不足が解消されてストレスも解消

サプリメントで寝不足を自然に改善




ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」

プロ演奏家も認めた生音のような臨場感





関西イタリアンの異端児が生み出した自信作『江戸堀プリン』




スポンサーサイト

もしもスーパー海物語の1円パチンコ甘デジで『大ハマリ』に遭遇したら、⋯⋯⋯。

★ 今回は(04/19)です。


ブログをご覧の皆さま、こんにちは。パチ勇士でございます。


 最近、少し暖かく感じる季節となりましたが、皆さんはいかがお過ごしですか。
以前と違って、とても寒く感じることがなくなり、私自身は結構、快適に過ごしています。

 パチンコのほうは先週の日曜日(4月13日)に勝負しましたが、朝一から夜まで約10時間打って、収支は+800円でした。打っていても玉が出たり入ったりで一向に増えず、精神的にも肉体的にも大変疲れました。1円パチンコは体力勝負だと痛感させられました。  まあ、好きなスーパー海物語を思う存分打って楽しめたので良かったです。損もしませんでしたし。


さて、今回は上記のタイトル「もしもスーパー海物語の1円パチンコ甘デジで『大ハマリ』に遭遇したら、⋯⋯⋯。」でお話したいと思います。

 ここでは、1円パチンコ甘デジ(抽選確率が約1/100)の黄色の海物語を打つと仮定して話を進めていきます。黄色以外にも赤色、オレンジ色などの海物語もありますが、大体同じだと思って読んでください。

そもそも『大ハマリ』とはどういう状況を指すのでしょうか。
私は『大ハマリ』を5倍ハマリ(500回転)以上回った場合と定義します。

1円パチンコの甘デジの黄色の海物語を打っていて思うのですが、なぜか2倍ハマリ(200回転)、3倍ハマリ(300回転)が頻繁に起こり、初当たりしても1,2連で終わることが多く、とても辛く感じることが多いです。しかし、ハマっても420回転や470回転などの400回転代で当たることがほとんどであり、500回転目を超えることは滅多にありません。

もし皆さんが運悪く5倍ハマリ(500回転)以上の『大ハマリ』を食らってしまったらどうすればよいのでしょうか。

先を急がず、まず私の実際の経験からお話します。今から約2年前にとんでもない『大ハマリ』を食らったことがあります。私は朝一から黄色の海物語を打っていて、2倍ハマリや3倍ハマリは頻繁に起こるものの、初当たりすれば3,4連ぐらいはするので、収支は±2000円の範囲内で収まっていました。ところが、時短(25回転)終了後、その超『大ハマリ』は何の前触れもなく、突然襲ってきました。経過は以下の通りです。

300回転目を超えた時、そのうちに当たるだろうとまだ楽観的に考えていました。

そして400回転目を超えた時、少し焦りましたが、まだ深刻に考えていませんでした。

500回転目を超えた時、さすがに焦りましたが、そのうちに当たるだろうと頑張って回していました。

600回転目を超えた時、なぜ当たらないのだろうと悩み始めました。画面を見ていても一向に当たる気配が感じられません。ここで15分放置です。

そしてここから、『50回転回したら、10分休ませる』を繰り返しましたが、ダメでした。どうしても当たりません。画面を見ていても泡なしのリーチすらかからず、台が完全に死んでいるようにも見えました。

800回転目を超え、ややノイローゼ気味になりました。甘デジを回してまさか8倍ハマリを食らうなんてと思いました。私の心の中では台はもう壊されています。

この台は比較的釘が良く、1000円で70回転は回るので、頑張って回してしまいました。いつかは当たる、いつかは当たると思いながら、気付いたら800回転目を超えてしまったのです。あらかじめこんなにハマるのが分かっていたら、この台を回してなんかいません。

負け額は1万2千円を超え、超『大ハマリ』のせいで判断力がおかしくなっていました。 「800回転回したんだから、900回転回そうが、1000回転回そうが同じだ!」などと開き直ってしまい、いつしか「この台で当たりが来るまで回す」という方針に変わっていました。

そして、877回転目にやっと当たるのですが、2連チャンで終わります。時短終了後、そのまま打ち続けて、98回転目で初当たりしますが、連チャンせず、1回で終わります。そして時短終了後、200回転目まで回しても初当たりが来ないので、断念しました。何も報われることがなく、完全にヤラレ損でした。

この出来事は、私の数年間の1パチ甘デジの歴史の中でトラウマになりました。

私がこの大失敗から得た教訓があります。台を打っていて、もしハマってしまった場合、5倍ハマリ(500回転目)がヤメ時の目安と考えています。
なぜ500回転なのでしょうか。台を打っていて、ハマってもほとんどの場合、400回転代で当たります。500回転を超えることなど滅多にありません。500回転を超えると、いつ当たるか全く先が読めません。実際に回してみないといつ当たるか分からないのが現状です。
もし800回転、900回転回しても当たらなければ、台の思うツボです。金銭的に見ても完全にヤラレ損です。

つまり、500回転目を超えたら、やめるか、それともトコトン攻め続けるか、自分で判断する必要があります。

私の場合は、500回転目を超えた場合、その時に考えますが、やめる確率の方が高いです。


他に、書き忘れていた大事なことがあります。私以外で『大ハマリ』を食らった人を2人見たことがあります。 その人たちは、時短終了後から700回転や800回転の『大ハマリ』を食らいました。彼らを見ていて、気付いたことがあります。彼らは座ってから数百回転を回し続けていました。時間にして、約2時間打ちっ放しです。よって大当たりが全く来ない時に数百回転の連続回転は絶対に厳禁と言えます。

大当たりのタイミングが合っていないのに、数百回転も連続回転しているから大当たりが来ないという見方もできます。座ってから300回転回しても当たりが来なければ、台を休ませる必要があると思います。連続打ちはいけません。

なぜ私や彼らに7倍ハマリ、8倍ハマリが起こったかの理由は分かりません。私の場合、運が悪くて超『大ハマリ』を食らったなどとは思っていません。もしかしたら私たちが知ることのない何らかの理由があるのかもしれません。今となっては真相は籔の中にあるということなのでしょうか。

 パチンコ台の中にはごく少数ですが、近寄ってはいけない台が存在するのは事実です。私の場合、座ってから20~30回転回しただけで、この台はおかしいと思うことがまれにあります。挙動のおかしな台特有の臭いがするのです。私の知り合いのパチプロも同じことを言っていました。そのような台は、たとえ良く回ってもそれ以上は打たず、打つ台を変えるようにしています。 打つ台は自由に選んでいいのですから。


そろそろお別れの時が近づいて来ましたが、今回は皆さんがパチンコを打っていて、まず遭遇することのない『大ハマリ』というテーマでお話させていただきました。もしもの時のために備えておいてください。




■ 最後までご覧いただいた皆さまへ

もし私のブログの内容に少しでも賛同していただけた場合、
すぐ下の『人気ブログランキング』の新幹線マークをプッシュしていただけると嬉しく思います。私の順位が上がり、今後の更新の際の大きな励みになります。 



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村




★ 皆さまの暖かい応援プッシュをお待ちしています。因みに、プッシュされた先では、『人気ブログランキング』内のパチンコ部門の第1位以下のパチンコブログが読めます。その画面の一番上まん中の『TOPページ』をクリックすれば、他の部門へ行くこともできます。もちろん無料です。


さて、次回も海物語の1円パチンコ甘デジについて書くつもりです。

今回は、文章が少々長くなってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

   以上、パチ勇士でした。それでは、皆さん、お元気で。

   さようなら。


(^_^)/~




パチンコ新次元、驚異のスーパーポイント攻略法Ⅱ




初心者でも安心サポート!家庭で楽しむパチンコ実機販売【A-PACHINKO】





パチンコ攻略“神眼”~勝てなければ返金します!~


朝一から勝利宣言!当日出る台は決まっている?

★ 今回は(04/12)です。


ブログをご覧の皆さま、こんにちは。お久しぶりです。パチ勇士でございます。


先日の4月6日(日曜日)、小雨の降る中、消費税増税後のパチンコ店で初めて勝負をしました。増税後なので当日は厳しいかなと思いましたが、実際はそうでもなかったです。むしろ先月(3月)よりも全体的に出ていると感じました。
客離れを防ぐために当分の間は出しておいて、しばらくしてから徐々に回収するという戦略のように思われます。

ホール全体の中でも、1円パチンコの海物語シリーズのコーナーは大盛況でした。約数十の台は全て満席状態でした。 4円パチンコの海コーナーはマックス、甘デジとも半数以下しか座っていませんでしたが。



さて、今回は上記のタイトル「朝一から勝利宣言!当日出る台は決まっている」でお話したいと思います。

いきなり大胆なことを言い出しました。しかしタイトルをよく見てください。私は「当日出る台は決まっている」とは断言していません。マークではなくマークになっています。出る台は朝一の時点で決まっている、決まっていないに関しては、打ち慣れた人の間でも意見の対立が激しく、未だに論争が絶えないのです。

パチンコ仲間との会話やサイトでは様々な考え方があります。例えば、こんな感じです。パチンコは朝一から閉店まで店が営業してその結果としてその日に出た台、出なかった台が判明するのである。朝一の時点で決まっているものではない。店長ですらその日にどの台が出るかはわかっていない。というもの。よく見ると、当たり前の事実を述べているだけです。それに店長がどの台が出るかがわかっていたら問題があると思います。

他には、こんなものがあります。同じ台でも打つ人が変われば、大当たりを引くタイミングが変わるから、出る台になったり出ない台になったりする。店全体でも客がどの台に座ったかで全く違う結果になってしまう。とか。

他にも色々なものがあります。総じて言えば、各自が言いたい放題です。


さて本題に入りましょう。

私がこれから話すことは一つの見解として参考までに留めておいて下さい。 私は『当日出る台は朝一の時点でだいたい決まっている』と考えています。なぜ「だいたい」などという曖昧な表現を使っているかというと、『当日出る台は決まっている』などと強く言い切ることができないだけです。しかし8割方は間違っていないと思っています。

 前回でもお話しましたが、なぜ私が開店時刻からパチンコを打ち始めることにこだわっているのかというと、当日出る台を一刻も早く見つけ出したいからです。もし朝の早い段階で出る台を捕まえることができれば、その日の勝ちは貰ったようなものです。そして朝一は2万、3万勝てる爆裂台と出会えるかもしれない唯一の時間帯でもあるのです。

いつも私が打っている、このブログでもお馴染みの4代目ミスマリンちゃんたち(02/18参照)出演のスーパー海物語IN沖縄2(1円パチンコ、甘デジ)は、いつものホールに約20台ほどあります。このホールは人気店なので、開店と同時に5~10台ぐらいは埋まってしまいます。残りの10~15台でどの台に座るかが問題です。

ここで一つ気を付けたいことがあります。パチンコ台は同じ機種であれば抽選確率は同じでどの台に座ってもいいようにも見えます。しかし、勝ちたいのであればどの台に座ってもいいわけではありません。見た目は同じでも中身が違います。決して同質なんかではありません。質の良い台から悪い台まで様々です。そして同じ台でも日によって質が良かったり悪かったりします。

どの台に座るかはその日の勝敗を決するだけに空台にテキトーに座るわけにはいかないのです。私が台選びをする時には、台の上のデータを活用していますが、その時に最重視している項目があります。それは大当たり確率です。過去1か月ほど記録されています。

 大当たり確率とは、総回転数÷大当たり回数です。例えば、前日の総回転数が3000回転で、大当たり回数が50回ならば、大当たり確率は1/60です。この大当たり確率を見ることによって、その台が前日以前に出たか出なかったかも一目瞭然でわかってしまうのです。大当たり確率と総回転数から大体の勝ち額や負け額すらも分かります。

台の上のデータボタンをカシャカシャ押して、1台1台、出る台か出ない台かの仕分け作業をするわけです。仕分けの仕方は、台によっても見るポイントが異なり、店によっても異なるので、これといった一律のものはありません。データを沢山集めて、見て慣れるしかありません。

 ごく簡単な例として、前日の大当たり確率が1/32という台があったとします。こういう台は即敬遠です。前日に台が壊れたんじゃないかと思われるほど出尽くした台です。もし当日打ったら、お尻の毛まで抜かれかねないほどの危険度MAXの台と予想されます。


 打つ台が決まったら優先順位の高い台から打っていきます。1台目がダメなら、2台目に移動です。2台目がダメなら3台目に移動です。試行錯誤を繰り返しながら何とか出る台を見つけ出そうとします。私の場合、3台目、4台目に出る台と巡り合うこともあります。

 もし自分の打った台が今一だったとしても、とりあえずはその台に集中します。ただし、同じ島で出ている台は全て完全にマークしています。ある程度の勝ち額に満足して去る人が必ずいるからです。その時こそ出る台に座れる最後のチャンスです。出ている台でも打つ人が変われば、出なくなったりするのではと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、出る台というのは打つ人を選びません。打つ人が変わっても出る傾向があり、他の訳の分からない台を打つよりも成功する確率が高いのです。


さて、そろそろお別れのときがやって来ましたが、今回は『当日出る台はだいたい決まっている』などという私の主観的な考えを述べました。そしてそれは今まで私が沢山の出る台、出ない台を見てきて感じたことなのです。皆さんが打つ台を選ぶ際の参考に少しはなったでしょうか。

次回のテーマは現段階で未定ですが、また1パチ甘デジに関して何かを書こうと思っています。


   今回もパチ勇士が担当しました。それでは、皆さん、さようなら。

   お元気で。


(^.^)/~~~





パチンコ新次元、驚異のスーパーポイント攻略法Ⅱ





超:パチンコ業界から圧力をかけられるかもしれない正当な攻略法





家庭で楽しめる中古パチンコ台【A-PACHINKO】






人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




1パチ甘デジで勝率を上げたいならば、⋯⋯⋯。

★ 今回は(04/05)です。


読者の皆さま、こんにちは。パチ勇士でございます。

4月になり、新年度が始まりました。さて、皆さんもご存知のことと思われますが、今月1日より消費税が8%へと引き上げられました。先月末までは日用品等の駆け込み需要も多く、世間は騒々しかったようです。今回の増税は全国のパチンコ屋さんにどのような影響を及ぼしていくのでしょうか。今後の動向を見守りたいと思います。



今回は上記のタイトル「1パチ甘デジで勝率を上げたいならば、⋯⋯⋯。」でお話したいと思います。


私は都合上、土日祝日中心にしかパチンコを打ちに行けないのですが、1円甘デジを打つ時に必ず守っていることがあります。 それは『開店時刻に入店する』ということです。この原則だけはここ2年間、1度も破ったことがありません。もし寝坊したら、その日は店には行きません。そのくらい徹底しています。


1円パチンコと言えば、今から数年前になりますが、4円パチンコ以外に1円パチンコのコーナーが新設されました。その頃はまだ打ち始める時間が定まっておらず、様々な時間帯から打ち初めていました。なぜかと言うと理由があります。

私はその頃まで4円パチンコのマックスタイプ、大海物語やスーパー海物語(1/359.5など)を相手に、今と比べ物にならないほどの壮絶な戦いを繰り返してきました。マックスタイプでも朝から打ち始めるのが基本ですが、場合によっては昼過ぎから打つほうが良いこともありました。

4円パチンコを打って、勝てば数万以上、負ければ-3~4万という浮き沈みの激しい世界から、負けても5千円~1万程度で済む1円パチンコの世界へと徐々にシフトしました。


1円パチンコを始めた頃、打ち始める時間帯は様々でした。朝、昼、夕方、夜など。データは全て取ってあり、見比べると、朝から打ち始めた時の勝率、勝ち額が突出して高いということに気付きました。「朝から打っても負けたよ」という声も聞こえてきそうですが、必ず勝てるという意味で言っているのではありません。パチンコはあくまでもギャンブルです。朝から打っても半分くらいの人は負けると思います。なぜなら打つ台の良し悪しに左右されやすいからです。けれども、パチンコを打つならば、朝から打つのが断然得であることに変わりはありません。朝から打てば勝ちやすいのです。

もう一度、言っておきます。パチンコを打つ時は絶対に朝からです。ここで一言断っておきますが、私はパチンコ業界の人間でも回し者でも何でもありません。別にパチンコ屋さんの味方をするわけでもありません。パチンコ屋さんには金銭的恩恵を受けてはいますが。まあ、悪く言えば、パチンコ屋さんにペッタンコくっついてわずかでも吸い取る寄生虫みたいなものでしょうか。


今パチンコを打つ時は朝からという話をしていますが、仮に皆さんが開店時刻に入店したとします。そして打ちたい台のシマに行くと思います。台の前で何をしますか。 釘を見る? データを見る? などをすると思います。私の場合は、データを徹底的に見て台のクセ等を把握し、台選びをします。因みに、釘はほとんど見ません。釘の細かい所を見るのは面倒だし、時間の無駄だと思っています。当日釘さえ変えられていなければ、データの総回転数をチェックすれば、回る台か、回らない台かは大体分かります。巷では台の上のデータは、過去の結果を集めただけもので、単なる飾りにすぎないと言う人もいるようですが。見ても全く無駄ということなのでしょうか。 私はそうは思いません。データは、パチンコで勝率を上げるために欠かせないものと位置づけています。


 実は「パチンコは釘が全てだ」なんて言っている人に限って、釘が良くても、前日の当たりが80~90回の台には座らないものなのです。


私事ですが、黄色のスーパー海物語(1円甘デジ)で92回の当たりを出したことがあります。データを見て、前日の当たり43回の平凡な台をわざと狙って打ったのです。どんぴしゃりでした。 因みに、この92回の爆裂台の翌日の当たり回数は何回だと思いますか? たったの13回でした。データの大当たり確率が、当たり92回の日の1/41から翌日1/276へと大転落でした。打った人はさぞかしひどい目に遭ったことでしょう。前日に大爆発して出過ぎた反動で、次の日に全く出なくなったと考えられます。このようなケースもあり、データを見ることによってあらかじめ危険を回避できるのです。



さて、そろそろお別れになりますが、今日は『海物語1円パチンコの甘デジを打つなら開店時刻から勝負だ!』という話をしました。少しは参考になったでしょうか。


次回は、皆さんの役に立ちそうなネタを見つけてお話ししようと思います。


それでは、お元気で。さようなら。




パチンコ新次元、驚異のスーパーポイント攻略法Ⅱ



食通をもうならせる!新鮮な本タラバガニを直送




睡眠薬に頼らずぐっすり眠る方法

睡眠不足が解消されてストレスも解消

サプリメントで寝不足を自然に改善





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




最強攻略法
PR
ランキング参加中
最新記事
PR
カテゴリ
PR
月別アーカイブ
PR
自己紹介

パチ勇士

Author:パチ勇士
 私はパチンコ歴12年のパチ勇士(ゆうじ)と申します。海物語シリーズは初代から打ち込んでいます。私のブログを通して海物語の楽しさを味わってみて下さい。

相互リンク
PR
黒ねこ時計 くろック D03
ランキング参加中
ランキング
ランキング参加中
ランキング
ランキング参加中
ランキング参加中
ブログランキング
★ 免責事項
当ブログの情報は、無料で提供されています。当ブログを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、ユーザーご自身の責任と判断において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログをご利用の際、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等については、一切責任を負いません。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。