スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

🌟🌟🌟【初心者レベル】‘最強帝王’1円甘デジの正体は? +【データカウンター(入門編)】

★ 今回は(2015/11/27)です。






 ブログをご覧の 全国の皆さま!






(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわぉ~~~~~~~~~~~~~^‐^ 👊。♥






 パチ勇士で~す。






★ 今回は上記のタイトル

「【初心者レベル】‘最強帝王’1円甘デジの正体は? +【データカウンター(入門編)】」でお話します。






さて始まります。前回(2015/10/29)の記事は
「【初心者レベル】1円甘デジはホールの最強帝王フリーザ?(序章)」でした。今回はその続編になります。






前回の記事では、ホールに並んでいる4パチ、1パチのスペックの中で、「1円甘デジが最強」ではないかというお話をしました。






私は今まで4円MAXから1円甘デジまで様々なスペックと戦ってきました。特に1円甘デジについて言えば、こんな強い相手は見たことがありません。






『ドラゴンボールZ』の悟空風に言えば「1円甘デジは、悪くて強くて、とんでもない奴っ!」となります。






私は普段4円MAXやミドルを打っていますが、1円甘デジの方が勝ち続けるのが難しいです。1円甘デジに対して、‘最強帝王’の称号を授与します。






ところで、ホールで大人気の1円パチンコ甘デジ(約1/100)ですが、皆さんは勝てていますか? おそらくほとんどの人はトータルで負けていると思います。






1円甘デジは、1円パチンコの島にたくさん設置されており、1パチ全体の8割以上を占めるホールもあります(私の地域の場合)。






★★ 皆さんは1円甘デジ(約1/100)を打ちます。打っていて、何かおかしいとは思いませんか? 初当たりまでにやけに嵌まることが多くはありませんか?






おそらく嵌まることが多いと思います。回転数で言えば、どの台も初当たりまでに200、250くらいのハマリは当たり前でしょう。






ちなみに、私のマイホの一つでは、1円パチンコの島の甘デジたちが好き放題に嵌まっています。甘デジたちが嵌ってばかりで当たらないため、常連のおっさんたちが頭に来て、甘デジたちをぶっ叩いています。甘デジの質が悪いばかりでなく、客の質も悪いです。






この1円甘デジというのは、パチンコを始めたばかりの初心者の方たちの評判が悪いのです。パチンコを始める人はまず1円パチンコを打ちます。






最近の1円パチンコの島には、台の上に大当り確率の「1/99」や「1/399」が大きく表示されています。まず、初心者は「1/99」と書かれた遊パチ(=甘デジ)に座わります。






ところが、多くの台は回している割には当たりません。「台の上に『1/99』と書いてあるのに、なぜ当たらないんだっ!(どうして当たらないの?)」となります。






台がどの程度嵌っているかは、台の上のデータカウンターのグラフをたくさん見ればわかります。たとえば、下図のようなグラフが並んでいます。((注)諸所の理由により実際のホールでの撮影を控えています)













甘デジの場合、7本のグラフを見て、どのくらいの回転数で初当たりし、どのくらい連チャンしているかがわかります。稼働していれば、3~5時間くらい前までの情報が示されています。






皆さんは、データカウンターの情報をどう捉えますか? そのデータ機器には当日のみならず、前日以前の総回転数、大当たり回数、大当確率などの情報が記録されています。






この情報で台選びをする人は多いのですが、実はデータカウンターの情報だけを見て台選びをする行為は正しくありません。そして釘だけを見て台選びをする行為はもっと正しくありません。どちらも台選びの精度が低く、勝てる台(=出る台)の絞り込みができていないと言えます。






★★★ それはさておいて、今回は、1円甘デジのデータカウンターを見た時の最低限必要な対処法をお話します。できる限り簡略化するために「7本の棒線グラフと連チャン数」だけに絞ります。ただし、あくまでも参考までに。






まず、下図を見て下さい。







私のマイホの1円甘デジ(等価交換)の島では、よく見かけるようなデータの台です。このようなハマリ方をする台は島のあちこちにあり、珍しくもなんともありません。



【同図】




上図を見て、どう思われますか? 何かおかしいとは思いませんか? この台は甘デジ(約1/100)なんですよ!「なんで7回前に5目盛り(401~500回転)、6回前に4目盛り(301~400回転)も嵌っているんですか?」となります。






パチンコ台の内部には抽選システムが搭載されています。甘デジならば、常に同確率(約1/100)で抽選をし、当たりやハズレの決定を行います。しかし、台が2度も大きく嵌っています。結果がおかしいですね。ここでは深いことは考えずに、「1円甘デジには嵌まる台が多い」という事実を知りましょう。






皆さんが1円甘デジを打つと、頻繁にハマリをくらうと思いますが、そのよく喰らう300~400回転レベルのハマリを、「強制ハマリ」または「回収ハマリ」と呼びます。私が1円甘デジを打つとき、最も警戒しているのが、敗北の主要因となるこの「強制ハマリ」です。






「強制ハマリ」に引っかかると、時短(25回転や50回転)後、いくら回しても当たらなくなります。300、400、500回転、それ以上と嵌まります。まるで台が当たらないようにブロックされたような状態になります。



【同図】




先程の図で、なぜ当たりやすいはずの甘デジ(約1/100)で400、500回転のハマリが起こるのでしょうか? 理由は「ただ運が悪いから当たらない」と思うようではダメです。






打ち込み経験が豊富な方なら理解できると思いますが、「台がハマっているのではなく、その時の島の収支状況に応じて台が現金(または持玉)を回収している」のです。






それでは、なぜ回収するのでしょうか? 自説を述べます。お店はコンピュータによって現金(収入)と出玉(支出)を徹底的に管理しています。そして出玉が現金を上回ることは絶対にありません。






パチンコ店に台が設置されている以上、お店にとっては当たりやハズレの結果は経営に関わります。安定経営を続けるために、台の全ての当たりやハズレを内部抽選システムで決定するという運任せなことはできません。よって最終的には出玉制御を行うコンピュータによって目標値まで補正が行われます。






1円パチンコの場合、稼働しても4円パチンコの1/4の現金収入しかなく、4パチと同額の必要経費を確保するのが大変です。台に定められた大当り確率(約1/100)のとおりに稼動させていたのでは必要な利益も確保できません。






よって必要経費、利益を確保するために、コンピュータによって出玉調整(=出玉制御)される必要があります。よって1円甘デジでは、コンピュータ制御(=ホルコン制御と同義)の影響力で嵌まる台があちこちに出現します。1円甘デジの島こそ‘ホルコン制御の聖地’とも言えます。






このことがきちんと理解できていないと、「なぜ1円甘デジで嵌まる台が多いのか」がわからず、戦うための対策が立てられません。よって1円甘デジは嵌まる台が多いという事実をしっかりと受け止め、いかに嵌らない台に座るかということが勝つための必須条件となります。






1円甘デジの勝てる台とは、嵌まりがあまり起こらず、初当たり後の連チャン数が大きい台です。いかにこのような優秀台に座る(座れる)かです。






それでは、優秀台を探し出すためにどのように行動すればよいのでしょうか?






皆さんは1円甘デジを打って、いい台に巡り合えたり、悪い台に捕まったりします。いい台に座れば、勝てます。しかし悪い台に座れば、負けます。






いい台とは、たくさん当たる台を指します。あまり嵌らず、初当たりすると連チャン数が大きい台です。こういう台に座りたいわけです。そして悪い台とは、当たりの少ない台を指します。嵌ってばかりで、初当たりして単発の多い台です。






★★★★ たとえば、1円パチンコの島(約40台)に、海物語の甘デジ(約1/100)が並んでいたとします。昼や夕方ごろに見ると、島の半数以上が嵌ってばかりのおかしな台であると思われます(特に、等価交換の場合)。






嵌ってばかりの悪い台は沢山あるので、まずそれらを消去します。






先程取り上げた図を見てみましょう。



【同図】




上図を見て、どう思われますか? 見るからに悪そうな台ですね。甘デジ(約1/100)なのに、6,7回前に4,5倍近いハマリが起こっています。初当たりしても、1、2連ばかりです。



【同図】




ハマリを何度も繰り返して、単発「1」が多い、「1」「2」が多いのは、悪い台(勝てない台)の特徴と言えます。この台のグラフを見ると、段々とハマリが浅くなって当たりやすくなっているようにも見えます。






しかし、無理に打つほどの価値がある台とは思えません。勝てるかどうかもわからない台を打つのはやめましょう。






大きく嵌まる台にろくな台はありません。何度もハマる台はインチキと見抜けるかどうかです。回収の厳しい日には、マイホでは下図のような台が出現します。







上図の台は、ミドル(約1/350)やMAX(約1/400)ではなく、甘デジ(約1/100)です。確率を完全無視しています。これはいけませんね。コンピュータ制御(ホルコン制御)の影響で異常に嵌っています。






出玉制御を行うコンピュータが、台の背後から仕掛けてくるイカサマを見抜ければ、インチキだとすぐわかります。






1円甘デジには、このようなおかしな台が存在することを知っておいたほうがよいです。そうすれば、よく回るのに当たらない台を回し続けるという愚行を避けることができます。






★★★★★ さて、下の2つの図を見てみましょう。



【図A】


【図B】
10
   ★      ★



2つの図を見比べて、違いがわかりますか? グラフの長さは全く同じですが、図Bの★印の連チャン数が違います。



【図A】


【図B】
10
   ★      ★



図Aは、2回嵌っています。「1」「2」が多く、見た瞬間に打つ価値のない『ゴミ台』とわからなければなりません。図Bも2回嵌っていますが、「8連チャン」や「10連チャン」しています。嵌ってもそれ以上出ています。






嵌っても出るというのは、強い台(いい台)の特徴です。過去に「8」「10」という大きい連チャンを叩き出した甘デジは、ハマリに関係なく打つ価値があります。






次の2つの図を見てみましょう。



【図C】


【図D】




図Cは、見た瞬間に打つ価値のない『ゴミ台』と判断できなければなりません。釘が良く、回る台だろうが関係はありません。



【図D】




図Dは、どうでしょうか? 単発「1」ばかりですが、嵌っていません。7回とも100回転以内に初当たりしています。皆さんが打った台がこのような単発続きの場合、収支は徐々に減りますが、早い回転数で初当たりする間は台を捨てる必要はありません。



【図D】




こういう台には大きな連チャン(10連や15連など)が発生する可能性があります。ただし、100回転目を超えてハマり始めたら要注意です。150、200回転目あたりで見切りをつける必要があります。そうしなければ、300、400回転、それ以上の「強制ハマリ」(=「回収ハマリ」)に引きずり込まれるかもしれません。



【図D】




また、【図D】で初当たりしても単発「1」が続く理由についてですが、台が連チャン(2連チャン以上)しないように制御が掛かっていると考えられます。または台(個体)に単発ばかりを引く悪いクセがついているとも考えられます。






次の図を見てみましょう。



【図E】




図Eはどうでしょうか? 誰が見ても良さそうな台ですね。他のダメ台とは見た目が全く違います。まさしく過去データが勝てる台の形をしています。このような優秀台が空台であることはまずありませんが、きちんとマークしておきましょう。






もし皆さんが図Eのような台に運良く座れたら、強気で徹底的に攻めまくりましょう。ヤメ時は台の調子が悪くなったときです。急にハマり始めて、1,2連が多くなったときがヤメ時です。






★★★★★★ ここまで、データカウンターの「7本の棒線グラフと連チャン数」を見て台の良し悪しを判断してみました。実はデータカウンターを見て台選びをする行為は当てになるわけではありません。






甘デジで出ている台がいつまでも出るわけではありません。特定の台が出ていると、その台が出る台と客にわかってしまいます。出る台を見破られないようにするために、出ている台がいきなり嵌って出なくなったりします。






また、嵌ってばかりで出ない台がいきなり豹変して一時的に爆発したりします。一見出そうもない台にも期待感を持たせて、出ない台も打たせようとします。出玉の演出がよくできていると言えます。そしてその演出は出玉制御を行うコンピュータによって行われます。






1日(=12,13時間?)を時間帯で区切ると、1円甘デジの島は、一部の勝てる台、残りの勝てない台から成り立っています。1円甘デジを打てば、多くの人が負けますが、その主な原因として、その時間帯の勝てる台(=出る台)にきちんと着席できていないことが挙げられます。






その時間帯の勝てる台(=出る台)に座っていなければ、よく回っても負けます。なぜなら釘が良く、回るというだけでは、勝てる台(出る台)の条件を満たしていないからです。よく回るからといって、台と運勝負みたいなことをしないことです。そんなことをしても勝てない台に座っていれば、嵌まりや単発をくらって負けますから。1円甘デジの場合、特に当てはまります。






ここまで、1円甘デジについて色々と書きました。マイホの1円甘デジの状況はよく見ていますが、実は私は普段4円MAX、ミドルしか打っていないのです。なぜなら4パチのほうが嵌まらない台が多く、勝ちやすいからです。台というのはハマリ回転数を確率分母で割った値が大きいほど勝てません。






1円甘デジには、打てば勝手に嵌ってしまう質の悪い台が多いのです。そのために打つのを避けているわけです。1円パチンコの島の稼動率はとても高く、途中から入店すると満足な台選びすらもできません。






1円甘デジは嵌ってしまう台が多く、勝ちにくいのですが、たとえ負けても勝っても1円パチンコはただの遊びです。1円パチンコは気軽に遊べる‘ゲームセンターの大人版’みたいなものだと思います。






1円パチンコは負け額からしても、4円パチンコと比べて深刻ではありません。もし深刻になるようであれば、1円パチンコといえど打たないことです。






私の個人的意見として、1円甘デジで稼ごうなどというのは、戦う土俵を間違えていると言えます。稼ごうと思うのなら1パチではなく、4パチです。






4円パチンコの島の稼動率が高ければ(7割以上?)、1円パチンコよりも4円パチンコのほうがお薦めです。嵌まりやすい甘デジ(約1/100)は避けて、ミドル(約1/350)かMAX(約1/400)がよいと思います。






今回は、1円パチンコ甘デジについて、私の考える真実を述べてみました。いかがだったでしょうか?








★ 最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。






それでは、全国の皆さま!





  
また会う日まで、さようなら!






人気ブログランキングへ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











『超:パチンコ業界から圧力をかけられるかもしれない正当な攻略法』ネット上に存在するNo.1パチンコ攻略ノウハウ





『マルハン攻略法』解析シートの作り方とピンポイント攻略。一から順を追ってわかるまで説明します。無料メールサポート付き!





『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書



スポンサーサイト
最強攻略法
PR
ランキング参加中
最新記事
PR
カテゴリ
PR
月別アーカイブ
PR
自己紹介

パチ勇士

Author:パチ勇士
 私はパチンコ歴12年のパチ勇士(ゆうじ)と申します。海物語シリーズは初代から打ち込んでいます。私のブログを通して海物語の楽しさを味わってみて下さい。

相互リンク
PR
黒ねこ時計 くろック D03
ランキング参加中
ランキング
ランキング参加中
ランキング
ランキング参加中
ランキング参加中
ブログランキング
★ 免責事項
当ブログの情報は、無料で提供されています。当ブログを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、ユーザーご自身の責任と判断において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログをご利用の際、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等については、一切責任を負いません。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。